話の肖像画

歌手・郷ひろみ(65)(27)何事もやり始めたら全力

トータル・プロデューサーを務めるジュエリー・ブランド「ローゼン・ヘムデン」で作品のチェックを行う
トータル・プロデューサーを務めるジュエリー・ブランド「ローゼン・ヘムデン」で作品のチェックを行う

(26)へ戻る

《芸能生活50年。舞台もこなし、映画は20本近く出演したが、印象深い作品は森鴎外の小説を原作とした映画『舞姫』(平成元年6月公開)という。ドイツに医学留学し、現地の女性と恋に落ちる主人公、太田豊太郎を演じた》

(昭和63年8月から)3カ月ほどベルリンでロケをしたんです。まだ「ベルリンの壁」が残っていた。東西冷戦の最中で、僕らは西ベルリンのホテルに滞在していたんです。撮影のために毎日、東ベルリンに渡っていた。毎日、パスポートを持って通っていたんです。通過するパスポートコントロールでは、担当者と顔見知りになった。だから「もう、いいじゃん」と思っても、管轄は東ドイツ。毎回、トランクを開けられ、車の下からガソリンタンクまでチェックされた。誰か隠れていないか、何か隠していないかって。毎日ですよ。

だから感慨深かったですよ、(平成元年11月に)ベルリンの壁が崩れたときは。「えっ、あれが崩れたの?」ってね。人が自由に行き来するシーンを日本で見たときは感動的でしたね。

《映画では全編の90%がドイツ語だった》

「英語でも四苦八苦していたのに、ドイツ語ですか」って。でもやるしかない。毎日2時間くらいレッスンした記憶がある。あれ、コツがあるんですよ。うがいで覚えるんです。まず水を口に含んでガラガラって。そして今度は水なしでうがいをしてごらんと言われる。それがLとRの違いになるからと。最初はできなかったが、できるようになった。今もそれだけはできますよ、それくらいだけど(笑)…。

会員限定記事会員サービス詳細