全国市長会、ワクチン接種で首相に診療所支援を要望 - 産経ニュース

メインコンテンツ

全国市長会、ワクチン接種で首相に診療所支援を要望

参院予算委員会を終えた菅義偉首相と麻生太郎副総理兼財務相(手前)=27日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会を終えた菅義偉首相と麻生太郎副総理兼財務相(手前)=27日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 全国市長会の立谷秀清会長(福島県相馬市長)らは27日、首相官邸で菅義偉首相と面会し、新型コロナウイルスのワクチン接種に協力する診療所の医師らに対し、財政支援を強化するよう要望した。首相は「市町村長が先頭に立って頑張っていただいている。しっかり応援したい」と述べたという。

 立谷氏は首相との面会後、記者団に「ドクターの確保をはじめとして相当費用がかかる。現状だとなかなか財政的に難しいので、首相に特段の支援をお願いした」と述べた。

 27日に提出した要望書では、ワクチン接種に診療所を使う場合、一般患者向けには診療とせざるを得ず「経済的負担が大きい」と指摘。接種後の経過観察のためのスタッフなども必要で、「通常診療への影響を考慮した協力金」などを設けることで接種体制の構築を図るよう求めた。

 政府はワクチン接種の費用について、医療従事者や誘導員、器具の確保なども含めて1回当たり2070円とし、国が全額負担するとしている。要望書では集団接種を行う場合も「国が示すワクチン接種単価では過不足を生じることが懸念される」とした。