小学館漫画賞に「デデデデ」「ハコヅメ」 一般向け部門 - 産経ニュース

メインコンテンツ

小学館漫画賞に「デデデデ」「ハコヅメ」 一般向け部門

 第66回小学館漫画賞が19日発表され、一般向け部門には浅野いにおさんの「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」(週刊ビッグコミックスピリッツ)と、泰三子(やす・みこ)さんの「ハコヅメ ~交番女子の逆襲~」(モーニング)の2作品が選ばれた。賞金は各100万円。

 「デデデデ」の愛称で親しまれる浅野さんの受賞作は、宇宙人が侵略してきた架空の日本を舞台としたディストピアSF漫画。既刊10巻。浅野さんは昭和55年、茨城県出身。平成10年にデビューし、「素晴らしい世界」「ソラニン」「おやすみプンプン」などを手掛けた。

 「ハコヅメ」は地方県警のハコ(交番)に勤める警察官の日常を、ギャグとシリアスを交じえてリアルに描き出した警察漫画。既刊15巻。泰さんは平成29年、警察官から漫画家に転身。同作で連載デビューを果たした。

 ほかの受賞作は以下の通り。

 【児童向け部門】

 松本しげのぶさん「『デュエル・マスターズ』シリーズ」(コロコロコミック)

 みづほ梨乃さん「ショコラの魔法」(ちゃお)

 【少年向け部門】

 山本崇一朗さん「からかい上手の高木さん」(ゲッサン)

 藤本タツキさん「チェンソーマン」(週刊少年ジャンプ)

 【少女向け部門】

 藤沢志月さん「柚木さんちの四兄弟。」(ベツコミ)

(本間英士)