日本新、みんなの笑顔の先に 大阪国際で注目の一山麻緒(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本新、みんなの笑顔の先に 大阪国際で注目の一山麻緒

 ワコールに入ってから、チームの先輩である福士加代子の背中をずっと追ってきた。「福士さんはオンとオフの切り替えが上手。ここぞの集中力は本当にすごい」。そんな先輩の姿を間近で見ながら、レースへの調整力を学んできた。初めて経験する大阪国際は福士が走っている姿を何度も見てきた、憧れの舞台でもある。

 永山監督から課せられる練習メニューは「鬼メニュー」と言って笑うが、「普段の練習量は誰にも負けない。強度も高い」と自信を深めている。多くの人と喜びを分かち合うために、あとは記録を目指してレースに集中するだけだ。(丸山和郎)

 いちやま・まお 1997年5月29日生まれ。鹿児島・出水中央高から2016年にワコール入社。19年3月の東京で初マラソン。20年3月の名古屋ウィメンズで日本歴代4位の2時間20分29秒をマークし、東京五輪代表に決まった。今回が5回目のマラソン。好きな食べ物はさつまいも。