東京五輪陸上代表、日本選手権3位以内かつ参加標準記録で選出  - 産経ニュース

メインコンテンツ

東京五輪陸上代表、日本選手権3位以内かつ参加標準記録で選出 

 日本陸連は25日、オンラインで理事会を開き、東京五輪のトラック、フィールド種目の代表選考要項を承認した。

 東京五輪延期前に定めていた要項を踏襲し、日本選手権3位以内で参加標準記録を突破した選手などを選ぶ。日本選手権は男女1万メートルが5月3日に静岡、混成競技が6月12、13日に長野、他の種目が6月24~27日に大阪で、それぞれ開催される。

 男子400メートルリレー以外のリレー種目は、5月にポーランドで行われる世界リレーで国として出場権獲得を狙う。出場権を獲得できた場合、世界リレーに派遣された選手や、設定記録の突破者を「リレー代表候補選手」として、五輪本番のメンバー選考で考慮する。