フリー素材「いらすとや」が今月で定期更新中止 作者が発表 - 産経ニュース

メインコンテンツ

フリー素材「いらすとや」が今月で定期更新中止 作者が発表

「いらすとや」で初めて公開された節分のイラスト
「いらすとや」で初めて公開された節分のイラスト

 フリー素材サイト「いらすとや」で無償でイラストを公開・提供してきた、みふねたかしさんが25日、2月1日からサイトを不定期更新にすると発表した。

 イラストレーターのみふねさんは平成24年1月31日に最初のイラスト「笑う赤鬼」を発表。それから毎日サイトを更新し、作品の公開を続けてきたが、「ここ数年は他にもやることが増えてほとんど休みがなく、精神的にも体力的にも今のペースで全てをやり続けるのは難しい」と感じたとしている。

 今月末でサイトが10年目に突入するのを区切りとしたが、「急に更新が止まって誰かに心配をかけるのも悪い」として、事前に発表することにしたという。

 みふねさんは2月からは「ゆっくり休んで、その後はサイトを不定期更新にして無理のない範囲でいろいろと頑張りたい」としている。これまで公開してきた2万5000点以上のイラストは引き続き利用できる。また、新型コロナウイルス関連などで社会的に緊急に必要なイラストがありそうな場合は、なるべく対応したいともしている。

 いらすとやのイラストはほのぼのとしたタッチが特徴で、季節の行事や社会の出来事、スポーツなど様々なシーンの素材がそろう。インターネット上のブログなどで人気を集め、近年では官公庁など公的機関にも利用が広がっている。