【児童虐待~連鎖の軛】支援の第一人者「いい親にならなくていい」(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

児童虐待~連鎖の軛

支援の第一人者「いい親にならなくていい」

森田ゆりさん
森田ゆりさん

令和元年度の児童相談所(児相)の虐待対応件数は、過去最多の約19・3万件に上った。児相の家庭介入は子供を守ることはもちろん、親が支援につながるきっかけにもなるが、家庭を支える社会の受け皿は限られ、虐待が繰り返されるケースは少なくない。根本的な対応策はあるのか。日米で約40年間、DV・虐待防止に取り組む第一人者の森田ゆりさんに聞いた。

「虐待とは、人として尊重されなかった痛みや悲しみを持つ親が、そのトラウマに向き合う機会がないまま、怒りの形で子供に爆発させる行動だと考える。

夫婦間の暴力、親族間の軋轢(あつれき)、過去のトラウマ、精神疾患といった多重なストレスを抱える親が、孤立して子育てをしている中で虐待行動は発生する。しかし、どんな理由があるにせよ、虐待はストップさせなければならない。そのために必要なのは、親の回復支援だ」

「米国の心理学者、カフマンとジグラーによる1980年代の有名な研究によれば、虐待を受けて育った人のうち、子供を虐待する人は33%。残りの67%には自殺や自傷行為、無防備な性的関係など『自分を虐待する』人が含まれてはいるものの、子供は虐待しない。

つまり、『虐待は世代間で連鎖する』というのは誤解を生む安易な表現で、その思い込みで苦しんでいる人も多い。実際には、早い時期に寄り添って話を聞いてくれる人がいれば、連鎖はしない。さらに重要なことは、連鎖が起きてしまった後でも回復は可能なのだ。助言や指導では重篤な虐待行動をとめることはできないが、治療的アプローチには大きな効果がある」