宮城の私立高、入試中止 在校生がPCR、前日決定 - 産経ニュース

メインコンテンツ

宮城の私立高、入試中止 在校生がPCR、前日決定

 入試を中止した私立古川学園高=23日午前、宮城県大崎市
 入試を中止した私立古川学園高=23日午前、宮城県大崎市

 宮城県大崎市の私立古川学園高が、23日に実施予定だった一般入試の筆記試験と面接を中止したことが分かった。在校生が新型コロナウイルスのPCR検査を受けたことが理由。受験生は約890人で、22日に決定した。同高は「感染拡大防止と、受験生の健康と安全を最優先に考慮した」としている。合否は調査書などの提出書類で決める。

 同高によると、在校生は21日にPCR検査を受けた。結果判明は23日で、校内での濃厚接触者は確認されていないが、「予防的措置」として、高校や仙台市など5会場で実施する筆記試験とグループ面接の中止を22日に決めた。

 受験生には22日に、オンライン出願で登録したメールアドレスや在籍する中学校を通じて連絡。担当者は「混乱はあったが、大きな反対の声はなかった」としている。

 高校の募集定員は推薦入試なども含めて340人。一般入試の合格発表は29日にある。