CO2漏れ作業員2人死亡 点検作業中に誤作動か 東京・新橋

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 23日午前11時15分ごろ、東京都港区西新橋のビルの地下1階駐車場で、「消火設備の点検中に二酸化炭素が漏れた。人が取り残されている」と119番通報があった。この事故で、現場にいた作業員ら男性3人が病院に搬送されたが、うち作業員2人の死亡が確認された。警視庁愛宕署は、二酸化炭素中毒になった可能性があるとみて、事故原因を調べている。

 同署によると、現場は地上8階建てビルの地下1、2階部分。作業員が消火設備の点検作業中に装置が何らかの理由で誤作動し、消火用の二酸化炭素が放出したという。現場には当時、ほかにも作業員や警備員ら複数人いたが、自力で避難したという。

 現場は都営三田線内幸町駅近くのビルが立ち並ぶ一角。

会員限定記事会員サービス詳細