英紙の五輪中止報道「事実でない」 坂井官房副長官

国立競技場(今野顕撮影)
国立競技場(今野顕撮影)

 坂井学官房副長官は22日の記者会見で、今夏の東京五輪・パラリンピックをめぐり、英紙タイムズ(電子版)が新型コロナウイルスの影響で「日本政府が中止せざるを得ないと内々に結論付けた」と報じたことについて「そのような事実はないとはっきり否定したい」と述べた。

 タイムズは同日、日本の連立与党幹部の話として「既に1年延期された大会は絶望的だとの認識で一致している。今は次に可能な2032年大会の開催を確保することに焦点が当てられている」などと伝えた。