日本、段階的非核化を警戒 米新政権の対北朝鮮政策 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本、段階的非核化を警戒 米新政権の対北朝鮮政策

 外務省幹部は22日、自民党外交部会などの会合で、バイデン米政権が対北朝鮮政策を見直し、段階的非核化を容認する可能性があるとの警戒感を示した。完全非核化の方針を堅持すべきだとして「日本は段階的アプローチを認めていない。働き掛けを強化する」と述べた。佐藤正久外交部会長が会合後、記者団に明らかにした。

 次期国務長官候補のブリンケン元国務副長官は19日の上院外交委員会の公聴会で、日本や韓国と協議して対北朝鮮政策を検証すると表明。完全非核化まで制裁解除を認めなかったトランプ前政権の方針から、非核化の段階ごとに見返りを提供する案に転じるとの臆測がある。