首相の答弁短すぎ? 30分残し参院本会議終了 立民が丁寧な対応要求  - 産経ニュース

メインコンテンツ

首相の答弁短すぎ? 30分残し参院本会議終了 立民が丁寧な対応要求 

参院本会議で答弁する菅義偉首相=21日午前、国会(春名中撮影)
参院本会議で答弁する菅義偉首相=21日午前、国会(春名中撮影)

 21日に開かれた参院議院運営委員会理事会で、同日の参院本会議における菅義偉首相の答弁をめぐり、立憲民主党から答弁時間が短かったことも含めて丁寧な対応を求める意見が出た。同日の本会議は2時間を見込んだが、所要時間を30分残して終了した。水落敏栄委員長(自民)は、丁寧な説明をするよう政府に申し入れる考えを示した。

 理事会後、水落氏は記者団に「答弁しているが、すごく簡潔に答弁している」と説明。その上で「30分の質問時間であれば、それに見合う形の答弁をすることが今までの慣例だ」と語った。

 この日の本会議では、首相の答弁中に野党議員から「えー、それだけか」「終わり? 終わり?」などのヤジが飛んだ。