芥川賞の宇佐見りんさん、3番目の若さで受賞 「小説が背骨、全力で書く」

「押し、燃ゆ」で第164回芥川賞に選ばれた宇佐見りんさんは笑顔で会見に応じた=日本文学振興会提供
「押し、燃ゆ」で第164回芥川賞に選ばれた宇佐見りんさんは笑顔で会見に応じた=日本文学振興会提供

「推し、燃ゆ」(文芸秋季号)で芥川賞に決まった宇佐見りんさん(21)は20日夜、黒と花柄のジャンドレ姿で東京都内の会見場に現れ、「受賞の知らせに胸がいっぱいで、まだ頭が追い付いていない」と喜びを口にした。主な質疑応答は以下の通り。

--ご自身の「背骨」は小説を書くこととおっしゃっていた。受賞後どうやって小説に向き合うか

「今回の小説では主人公が推しを推すことを『背骨』と言っているんですが、私にとって小説が背骨であるということは、決して大げさでなく、これがあるからやっていけるんだという感覚は前からずっとあったので、これからもそれは変わらないんじゃないかと思います。全力で書いていきたいと思います」

--いま大学2年生、今後はどんなことを吸収していきたいか

「いま国文学専攻で学んでいますけど、いろんなことに興味がありまして。宗教学や日本の古典、『語り』について調べたいことがあって。すごく好きで一番尊敬している作家に中上健次さんがいまして、卒論は彼について調べて書いていきたいと思います」

--中上さんの「路地」にあたる、ご自身にとっての書くべきテーマは

「私の中では、今のところは家族が大きなテーマになっているのではないかと。でもまだ新人ですし、そんな本も出していないこともあって、これから広がっていくかもしれないと思います」

--綿矢りささん、金原ひとみさんに続いて3番目に若い受賞者となるが

「自分としましても、もっと長い目でというか、まさか21歳で…。自分の予定よりも早いというか(笑)、信じられない気持ちです。でも、まだ自分の中で至らない部分は、若さゆえなのか普通に力なのかはわからないですけど、自分ですごく強く思っているところがあって。先ほど中上さんが『推し作家』だと言いましたけど、彼の作品は本当にすごくて、3回人生を繰り前しても追いつかないんじゃないかと思えるくらい、すごい文章を書かれる方で。賞はすごくありがたいことと受け止めつつ、若さとかそういうものに振り回されないように、ただひたすら自分の目指すものを書いていくというのが、結局は賞をいただいたことへの恩返しなのかなと思っています」