ワクチン担当相に補佐官 小林史明氏「チームで頑張りたい」

 政府は20日、新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた調整を担当する河野太郎行政改革担当相の補佐官に、自民党のデジタル社会推進本部の事務総長を務める小林史明衆院議員を起用すると正式に発表した。岡田直樹官房副長官が同日の記者会見で明らかにした。

 小林氏は、ワクチン接種の記録管理などに関わる政策を担うとみられる。岡田氏は記者会見で、「河野氏の事務に関し、迅速に政策を企画、立案するサポートをしてもらう」と語った。

 小林氏は同日夕、就任あいさつに訪れた首相官邸で、「ワクチン接種はコロナの感染拡大予防、その先の収束に向けて重要な道筋だ。河野氏のチームとして全うしていけるように頑張りたい」と記者団に述べた。