直木賞の西條奈加さんが会見 「もがきながら生きる人を書きたかった」

第164回直木賞に決まり、記者会見する西條奈加さん=20日午後、東京都内のホテル(日本文学振興会提供)
第164回直木賞に決まり、記者会見する西條奈加さん=20日午後、東京都内のホテル(日本文学振興会提供)

懸命に生きる無名の人々を愛情深く描いた連作短編「心(うら)淋(さび)し川」(集英社)で第164回直木賞に決まった西條奈加さん(56)は、カーキ色のチュニックに黒のズボンを合わせた姿で、東京都内の会見場に現れた。初のノミネートでの受賞に、西條さんは「うれしいし光栄だけれど今後の不安もある」と控えめに喜びを語り、報道陣の質問に答えていった。主な質疑応答は以下の通り。

--以前取材で、文学賞は宝くじに当たるようなものと話していました。今のお気持ちは

「当たったらいいなという夢のある感じが宝くじに似ている。それくらい身近に感じられないものでした。いざ、当たってみると、うれしいし、光栄ではあるんですが、この後どうしたらいいんだろうという不安が大きい」

--選考では、欠点のないところが欠点と評価されました

「欠点がないところが欠点ということが、最大の欠点かもしれないと思います。小説というのは色んな意味でとがっている方がいいと思います。私は、バランスがいいという評価のされ方が多く、長所でもあり短所でもある。決して喜んでいいことばかりではないですが、自分のなかでストンと落ちるものがありました」

--選考では普遍的な人間関係が描かれていると評価されました

「もっとすっとんだ感じのフィクションやファンタジー系も書きますが、今回はあえて思いきり地に足のついた、ある意味、地面をはいずりながら、もがきながら生きている人を書きたかった。そういう人たちは遠くにいるわけではなく、私もいつそういう風になるか分からない。私にしてはシリアスでちょっと地味な作品ですが、それが評価されたのは若干驚きもありましたが、非常にうれしいことでもありました」

--不安のほうが大きいというのは

「現実的な問題で、直木賞をいただいたら、しばらく仕事にならないほどの取材や原稿依頼が来ると聞いたので、今抱えている締め切りの不安です」

--今後の抱負は

「3、4年先までは幸いにも仕事をいただいております。だいたい書くものは決まっているのですが、毎作、何らかの形で違った挑戦をしていけたら」