加藤官房長官、蓮舫氏の施政方針演説のフライング投稿に苦言 - 産経ニュース

メインコンテンツ

加藤官房長官、蓮舫氏の施政方針演説のフライング投稿に苦言

会見に臨む加藤勝信官房長官=19日午前、首相官邸(佐藤徳昭撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=19日午前、首相官邸(佐藤徳昭撮影)

 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、立憲民主党の蓮舫代表代行が、菅義偉首相が施政方針演説を行う前に原稿の一部を自身のツイッターへの投稿に関し、「政府としては、正式には本会議で初めて首相が発言し、それがまさに施政方針演説になる」と述べた。

 同時に「国会での審議に資するため、事前に与野党、各会派に(原稿を)配布している」とも語り、事前に演説内容を公開することは想定していないと説明した。

 蓮舫氏は「内閣総務官室に確認、取り扱いに関するしばり(制限)は特段なく、便宜上配布するとのこと」などと説明し、国会のルール上、問題ないとの認識を示していた。だが、自民党が「信義に反する」などとして立民にツイッターの削除と謝罪を求め、最終的に立民が謝罪した。