千葉知事選、共産職員の金光氏が出馬表明 党推薦で

 共産党職員の金光理恵氏(57)は18日、3月21日投開票の千葉県知事選に出馬する意向を表明した。

 県庁で会見した金光氏は「コロナや災害に際して、県民の命を守る政治を行いたい」として、医療関係者が加わるコロナ対策本部の設置や検査体制の整備・充実などを行うと強調。また、女性候補として両性の平等の実現にも取り組みたいとした。無所属で立候補するが、共産党の推薦が決まっている。

 金光氏は平成31年の船橋市議選に共産党公認で出馬し、落選した。

 知事選をめぐっては、千葉市長の熊谷俊人氏(42)、自民党県議の関政幸氏(41)、元船橋市議の門田正則氏(73)、元県立高校校長の皆川真一郎氏(66)が立候補する意向を表明している。

会員限定記事会員サービス詳細