【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】巨人・原監督「藤浪譲渡」発言、桑田氏コーチ就任で狙う仰天プラン(1/6ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

巨人・原監督「藤浪譲渡」発言、桑田氏コーチ就任で狙う仰天プラン

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】巨人・原監督「藤浪譲渡」発言、桑田氏コーチ就任で狙う仰天プラン
【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】巨人・原監督「藤浪譲渡」発言、桑田氏コーチ就任で狙う仰天プラン
その他の写真を見る (1/2枚)

 阪神・藤浪晋太郎投手(26)の獲得&再生シフトの完成-。これこそが巨人の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)の超異例の就任劇の隠された狙いではないですか-。球界のみならず、全国野球ファンを驚かせた年始の桑田氏の巨人電撃入閣(12日発表)。さまざまな臆測が流れる中で注目したのは、江本孟紀氏(73)と、巨人・原辰徳監督(62)の対談(サンスポコム=1月6日)の中にあったくだりです。原監督は「何年か藤浪を出してよ、と阪神には言っている」と発言。阪神に藤浪譲渡を迫っている舞台裏を初めて明かしました。そして桑田氏と藤浪の接点とは…。藤浪がもし今季も序盤から2軍生活ならば、阪神は交渉のテーブルにつかざるを得ない背景とは…。年始から物騒な推測を書いてみたいと思います。

超サプライズの電撃入閣

 阪神のライバル巨人が年始から、球界のみならず全国野球ファンをアッと驚かせました。球団OBで現役時代に通算173勝をマークした桑田氏が、1軍のチーフ投手コーチ補佐に就任すると発表したからです。桑田氏が古巣のユニホームを着るのは、2006年の退団以来、実に15年ぶり。プロ野球の指導者になるのは初めてです。

 桑田チーフ投手コーチ補佐は試合中はベンチ入りしない見込みで、主に投手の技術面などを指導する役割だそうです。1軍の枠にとどまらず、2軍や3軍にも指導の幅を与える巡回コーチ的な仕事も期待されそうですね。同コーチは早速2日後の14日には、川崎市のジャイアンツ球場で初日を迎えた新人合同自主トレを視察しました。