124年ぶり 節分、今年は2月2日 - 産経ニュース

メインコンテンツ

124年ぶり 節分、今年は2月2日

 豆まきでおなじみの節分の日が、今年は例年より1日早い2月2日になる。明治30(1897)年以来、124年ぶりという珍しさだ。国立天文台は「地球が太陽の周りを回る公転の周期が、1年きっかりではないことが原因。微妙なずれが積み重なった結果だ」と説明する。

 節分は季節を分けるという意味があり、立春の前日に当たる。立春を含む二十四節気は、太陽と地球の位置関係から天文台が日付を割り出し毎年、公表している。

 公転周期が365日ぴったりではないことが影響して、立春が例年の日付から前後することがある。これに伴い節分の日も2月3日からずれるケースが出てくる。明治35年から昭和59年にかけて、2月4日となる年がたびたびあった。

 今年からしばらくは4年ごとに2月2日となり、令和39(2057)年の次は40年で2年続くという。