27歳石川、女王奪還に意欲「年齢は関係ない」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

27歳石川、女王奪還に意欲「年齢は関係ない」

 卓球の全日本選手権第6日は16日、男女シングルスの準々決勝が行われ、石川佳純が勝利した。

 27歳の石川は高校の後輩に当たる横井咲桜(大阪・四天王寺高)を4-1で破って4強入り。第1ゲームは2-8の劣勢を立て直して奪取。第2ゲームは1-11の大差で落としたが、「気にしないようにしよう」と気持ちを切り替え、続く3ゲームを連取と冷静に試合を運んだ。準決勝で対戦する木原は16歳で、もう1カードは伊藤と早田の20歳対決。「昔はベスト4に入ると1番年下だった。時の流れを感じる」と苦笑しつつ、「自分自身、まだまだやれる。勝った負けたに年齢は関係ない」と5大会ぶりの頂点を見据えた。