国民・玉木代表、持続化給付金申請締め切りを批判「制度の空白生じる」

会見で記者団の質問に答える国民民主党・玉木雄一郎代表=14日午前、国会内(春名中撮影)
会見で記者団の質問に答える国民民主党・玉木雄一郎代表=14日午前、国会内(春名中撮影)

 国民民主党の玉木雄一郎代表は14日の記者会見で、政府が新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってこれまで実施してきた支援策「持続化給付金」や「家賃支援給付金」の申請を15日に締め切ることについて、「非常に問題だと思う。緊急事態宣言が出された中で、制度の空白が生じる。何を考えているのか。多くの事業者の皆さんが不安になってるところに対応できていない」と批判した。