金魚電話ボックス作品は「著作権侵害」と認定 大阪高裁

 奈良県大和郡山市の柳町商店街に設置されていたオブジェ(左)と、山本伸樹さんの作品(本人提供)
 奈良県大和郡山市の柳町商店街に設置されていたオブジェ(左)と、山本伸樹さんの作品(本人提供)

 金魚の産地・奈良県大和郡山市の柳町商店街が設置したオブジェ「金魚電話ボックス」が自身のアート作品の著作権を侵害したとして、福島県いわき市の美術作家、山本伸樹さん(64)が商店街の協同組合側に330万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が14日、大阪高裁であった。山田陽三裁判長は「オブジェは作品に依拠し、著作権を侵害している」として、請求を棄却した1審・奈良地裁判決を変更、組合側に55万円の支払いとオブジェの廃棄を命じた。

 オブジェは組合側が京都造形芸術大(現・京都芸術大)の学生から譲り受け、平成26年に商店街に設置。組合側は「学生らは山本さんの作品を知らなかった」「誰が表現しても同じ表現になる」などと主張し、1審判決も「オブジェから原告の作品を直接感じ取ることはできない」とした。

 ところが、控訴審の判決理由で山田裁判長は、ボックスの受話器から泡を発生させるというオブジェの表現が、山本さんの作品に依拠したと認定。創作性の部分について「同一性が維持され、複製したといえる」と判断した。

 判決によると、組合側は山本さんが10年に発表した作品と表現面で同一性のあるオブジェを設置し、著作権や人格権を侵害した。

 判決後、大阪市内で記者会見した山本さんは「(著作権侵害の)1つのガイドラインを示せた。完全勝訴でほっとしている」と話した。一方、組合側は「上告の有無を含め、対応を調整する」とコメントした。