滋賀県が新たな観光キャンペーン「シガリズム」をスタート 心のリズムが整う旅がテーマの動画・公式サイトが公開【PR】

自然と歩みをそろえ、ゆっくりと、ていねいに暮らす━滋賀県は地元の人と自然がちょうどいいバランスをとりながら培ってきた滋賀のリズムをテーマとした新たな旅の形を提案する観光キャンペーン「シガリズム」をスタートした。シガリズムを体感できるスポットとして、湖南エリアの漁体験や信楽焼の歴史に触れる甲賀エリア、高島エリアのマキノ高原でのソロキャンプなどを紹介。仕事や家事のストレスに加え、新型コロナウイルスの脅威が人々の日常を狂わすいま、心と身体のリズムを整える場としての魅力を伝える。

キャンペーン施策の第一弾として1月に公式サイトを開設し、オリジナル動画「シガリズム━エリア版」の一部を先行して公開した。今回はびわ湖を中心に7つに分かれるエリアのうち、湖畔の自然が美しい「湖南エリア(草津市・守山市・栗東市・野洲市)」、忍者の里として知られる「甲賀エリア(甲賀市・湖南市)」、近江商人の屋敷が残る「東近江エリア(近江八幡市・東近江市・日野町・竜王町)」の魅力的なスポットを動画を通して多数知ることができる。

公式サイトは、漁師が佃煮の加工・販売を行う湖南の「BIWAKO DAUGHTERS」(左)や甲賀の信楽焼の窯(右)など歴史や風土を感じるスポットの情報が満載
公式サイトは、漁師が佃煮の加工・販売を行う湖南の「BIWAKO DAUGHTERS」(左)や甲賀の信楽焼の窯(右)など歴史や風土を感じるスポットの情報が満載

1月下旬には残る「大津エリア(大津市)」「高島エリア(高島市)」「湖東エリア(彦根市・愛荘町・豊郷町・甲良町・多賀町)」「湖北エリア(長浜市・米原市)」のエリア版の動画公開を予定する。3月には旅の楽しみ方に焦点を当てた「暮らし旅篇(へん)」「遊び旅篇」の2シリーズの動画も公開。

公式サイトには併せて、動画に登場するスポットや、シガリズムを体験・体感できる情報が盛り込まれたデジタル版観光ガイドブックを掲載。また、県在住のインスタグラマーや編集者、タレントらが、内側から見た滋賀の魅力を語る「滋賀人のシガリズム」なども順次公開し、一般的な観光サイトと一味違う深みのある情報を発信していく。

さらに、2月には動画・公式サイトの公開を記念し、7エリアのお勧めスポットのうち気になる1カ所に投票すると、抽選でグランピング施設の宿泊券などの賞品が当たるキャンペーンを実施。びわ湖や水郷めぐり、石灰岩質洞穴「河内風穴」などの名所はもちろん、グランピングや話題のキャンプ場などもエントリーされ、学生から高齢者まで幅広い層の興味を呼びそうだ。得票数は公式SNSアカウントで随時発表するので、自然と投票先のスポットを応援したくなる。

湖北エリアにはゆったりとグランピングを楽しめるスポットも
湖北エリアにはゆったりとグランピングを楽しめるスポットも

新型コロナの影響が依然収まらないいま、適度な疎を保ちながら旅を楽しむことができる滋賀県の絶妙なリズムを知ることが暮らしを見つめなおすきっかけになるかもしれない。

滋賀・びわ湖ニューツーリズム「シガリズム」公式サイト

みんなの気になる滋賀旅 投票キャンペーン

【実施期間】
1回目:2月1日(月)10:00~15日(月)17:00
2回目:2月16日(火)10:00~3月2日(火)17:00
参加方法:公式サイト内キャンペーンページで「気になるスポット・体験」を選び、専用フォームにて応募。
【賞品】
A賞 グランピング施設の宿泊券(2人1組)
B賞 えり漁体験(体験+朝食プラン)(2人3組)
C賞 びわ湖テラスロープウェー往復券(2人3組)

提供:公益社団法人びわこビジターズビューロー