リンガーハットが内村航平との所属契約継続を断念 - 産経ニュース

メインコンテンツ

リンガーハットが内村航平との所属契約継続を断念

内村航平(代表撮影)
内村航平(代表撮影)

 外食チェーン「リンガーハット」は12日、体操男子個人総合五輪2連覇の内村航平との所属契約を昨年12月末で終了したと発表した。同社の創業地と内村の出身地が同じ長崎県という縁もあって2017年に契約を締結。当初、契約期間は21年までとされていたが、新型コロナウイルス禍により「想定をはるかに上回る業績悪化」で継続を断念した。

 内村は自身のSNSで、リンガーハットに「プロ転向してから今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝しています」と謝辞を述べ、「現在コロナの状況はとても厳しいですが、引き続き感染対策をしながら体操を頑張ってまいります」と決意を述べた。