現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

年頭にあたり コロナ禍の中の「国家衛生原理」 公益財団法人オイスカ会長・渡辺利夫

【正論】年頭にあたり コロナ禍の中の「国家衛生原理」 公益財団法人オイスカ会長・渡辺利夫
【正論】年頭にあたり コロナ禍の中の「国家衛生原理」 公益財団法人オイスカ会長・渡辺利夫
その他の写真を見る (1/2枚)

衛生は国家の基本であり、人間の死生を分かつものである。人生の究極的な目的は生理的円満を手にすることにある。生理的円満を可能にするものがすなわち衛生であり、そもそも国家存立の理由はこれが「衛生団体」であるからだと後藤新平はいう。

≪個々を超えた「公共ノ力」≫

後藤によれば、人間とは生理的円満を得ようと生を紡ぐ存在である。しかし、この円満は個々の人間の力では充足できない。個々の人間の力を超えた、個々の人間を生存させる「公共ノ力」、公共的秩序の形成力が不可欠だと後藤は述べる。公共的秩序の形成力こそが「最上権」であり、これをもつものが「衛生団体」、つまりは国家なのだ、というのが後藤の主張である。後藤新平の国家起源説でもある。

ランキング

  1. 【田村秀男の経済正解】中露はG7首脳声明をせせら笑う

  2. 【宮家邦彦のWorld Watch】因果応報のバイデン政権

  3. 【記者発】譲位から3年、上皇ご夫妻の現在 社会部・緒方優子

  4. 【産経抄】7月2日

  5. 【正論】「強い日本」への時代の転換点 麗澤大学教授・八木秀次

  6. 【主張】香港返還25年 自由の破壊は許されない

  7. 【主張】医師会新体制 国民の信頼回復に努めよ

  8. 【浪速風】安直バラマキはいただけない

  9. 【主張】重信房子氏の出所 彼女はヒロインではない

  10. 【浪速風】やっぱり常態化した中露軍艦の「津軽」通過

会員限定記事