プロ野球界の丑年生まれ イチローら昭和48年生は大豊作

今年24歳の平成9年生まれ世代は昨シーズンのセ・リーグ新人王である森下、高橋光成(西武)ら以外は成長途上の選手が多い。高校3年時に甲子園大会で抜群の身体能力を披露したオコエ瑠偉(楽天)もこの世代だが、昨年は1軍の試合出場はなかった。

48歳になる世代より上は名選手が多い。今年60歳の昭和36年生まれ世代は高校時代に大阪・浪商でバッテリーを組んだ牛島和彦(元ロッテ)と香川伸行(元ダイエー)がいる。60年に阪神が日本一になったときの捕手、木戸克彦や、現在日本ハムの監督を務める栗山英樹(元ヤクルト)もこの世代だ。

72歳の24年生まれ世代では、マサカリ投法で三振の山を築いた村田や、もう一人の一本足打法だった片平晋作(元大洋)、元阪神、オリックス監督の中村勝広(元阪神)ら玄人受けする選手がずらり。代打の切り札、浪速の春団治こと川藤幸三(元阪神)もこの世代だ。