大間産マグロ、2000万円 東京・豊洲で初競り マスク姿で - 産経ニュース

メインコンテンツ

大間産マグロ、2000万円 東京・豊洲で初競り マスク姿で

初競りを前に並べられたマグロを値踏みする業者=5日午前、東京都江東区(萩原悠久人撮影)
初競りを前に並べられたマグロを値踏みする業者=5日午前、東京都江東区(萩原悠久人撮影)

 東京都江東区の豊洲市場で5日、今年最初の取引となる「初競り」が開かれた。例年注目されるマグロは208・4キロの青森県大間産クロマグロがこの日最高値の2084万円で競り落とされた。

 昨年、一昨年のような億単位の値は付かなかったが、都によると、統計のある平成11年以来7番目の高値となった。

 競り場にはつやつやと輝くマグロが並んだ。午前5時すぎに競りが始まると、独特の発声や手の合図で次々と落とされた。

 今年は新型コロナウイルスの影響で一般客の見学は中止に。競りの参加者はマスク姿で臨んだ。市場関係者にコロナ感染者が多数出たことから「3密対策に協力をお願いします」とのアナウンスが繰り返し流れた。競りの見学は昨年12月26日以降、中止となっている。