緊急事態宣言検討を評価 全国知事会

 全国知事会は4日、菅義偉首相が首都圏を対象とする緊急事態宣言発令の検討を表明したことを受け「1都3県知事の要請を最大限踏まえていただいたことを評価したい。何としても感染抑制と医療体制の確保を緊急に図らなければならない」とのコメントを発表した。

 コメントでは、感染対策に当たる都道府県への財政支援、知事会の提言を十分に踏まえた新型コロナウイルス特別措置法の早期改正も求めた。

 会長の飯泉嘉門徳島県知事と、知事会新型コロナウイルス緊急対策本部の本部長代行を務める平井伸治鳥取県知事の連名。

会員限定記事会員サービス詳細