日本アニメの「メジャー化」宣言、Netflixが挑むアニメ産業の再生の道筋(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本アニメの「メジャー化」宣言、Netflixが挑むアニメ産業の再生の道筋

日米合作のNetflixオリジナルアニメ『パシフィック・リム: 暗黒の大陸』のワンシーン。IMAGE BY NETFLIX
日米合作のNetflixオリジナルアニメ『パシフィック・リム: 暗黒の大陸』のワンシーン。IMAGE BY NETFLIX

 いま、世界で1億以上ものNetflixユーザーがアニメ作品を再生している。ハリウッド作品と並んで、日本発のNetflixアニメが世界各国で総合トップ10入りを次々に果たしているのだ。アニメのメジャー化を目指す--。そんな旗印の下に同社アニメ専門チームを率いるのが、チーフプロデューサーの櫻井大樹である。彼のミッションはヒット作を生み出すことだけではない。日本のアニメ産業の再生だ。

TEXT BY TOMOKO HASEGAWA

アニメとはニッチなコンテンツである--。そんな概念を覆す数字がある。世界に約2億近くいる全世界のNetflixユーザーのうち、この1年で約半分がアニメ作品を再生するようになっているのだ。

この比率は増加傾向にあり、対前年対で50%増と右肩上がりになっている。アジアでは台湾やタイ、欧州ではフランスとイタリア、ラテンアメリカではペルーとチリをはじめ、100の国や地域で日本のアニメ作品が上位を占めるなど人気ぶりが顕著だ。そして約500万のNetflix有料会員がいる日本では、会員の約2分の1がアニメ作品を1カ月に5時間以上再生する。

日本発のNetflixアニメは2016年に『BLAME!(ブラム)』を発表して以降、作品数もバラエティも徐々に広がっている。これが再生数を増やしているひとつの理由だ。

ネットフリックスのアニメ専門クリエイティブチームのトップであるチーフプロデューサーの櫻井大樹は、この好調ぶりについて次のように説明する。「これまではアクション、SF、ファンタジーにジャンルが偏っていたことは事実です。それがいま変化しつつあるのは、「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」が日本だけでなく海外でも大ヒットするなど、日常を舞台にしたコメディ作品も結果を出していることが大きいと思います」

“カルフォルニアロール”としての日本アニメ

こうした流れを受けてネットフリックスは、日本法人が20年10月27日に開催したアニメフェスでメジャー化の流れをくんだ16作品を発表した。世界ヒットを狙う作品群には、シリーズ累計1億本を超えるゲーム原作のCGアニメ化作品『バイオハザード: インフィニット ダークネス』(2021年全世界独占配信)や、日米合作超大作の『パシフィック・リム: 暗黒の大陸』(同)、SFファンタジーの完全オリジナルストーリーアニメ『エデン』(2021年5月全世界独占配信)などが並ぶ。また、日本のカルチャーのなかで生まれたドメスティックな笑いを追求した任侠コメディ漫画原作の『極主夫道』(2021年全世界独占配信)なども揃えた。

編成の幅を広げる必要性についてネットフリックスの櫻井は、アニメを「寿司」にたとえながら次のように説明する。