駒大が大逆転で総合V 13年ぶり7度目、箱根駅伝 - 産経ニュース

メインコンテンツ

駒大が大逆転で総合V 13年ぶり7度目、箱根駅伝

1位でゴールする駒沢大10区の石川拓慎=3日、東京・大手町(福島範和撮影)
1位でゴールする駒沢大10区の石川拓慎=3日、東京・大手町(福島範和撮影)

 第97回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの復路5区間109・6キロが行われ、往路3位の駒大が最終10区で往路優勝の創価大を逆転し、13年ぶり7度目の総合優勝を飾った。今大会は新型コロナウイルスの感染対策のため、沿道での応援に自粛要請が出された。

 駒大の10区を任された石川はトップの創価大から3分以上も遅れてスタートしたが、残り約2キロで逆転した。

 4度目の出場で往路優勝を果たした創価大は総合2位。往路2位の東洋大は1つ順位を落として3位。前回総合優勝の青学大は往路12位から大きく順位を上げて4位になった。