速報

速報

眞子さまご結婚 「小室眞子さん」に

若き駒大、13年ぶり王座奪還 10区で3分超の差を大逆転

10区、創価大・小野寺(左)を抜き、トップに躍り出る駒大・石川=東京都中央区(代表撮影)
10区、創価大・小野寺(左)を抜き、トップに躍り出る駒大・石川=東京都中央区(代表撮影)

 第97回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、復路が行われ、往路3位の駒大が逆転で13年ぶり7度目の総合優勝を果たした。

 猛烈に追い上げる駒大の石川が、創価大の小野寺の背後に付いた。最終10区残り2・3キロ。石川は左から前に出て、小野寺の苦しそうな顔を確認すると、勢いそのまま一気に突き放した。往路のスタートから計215キロ、歴史に残る大逆転劇は成し遂げられた。

 運営管理車の大八木監督から「やったよ! 男だ!」と声を掛けられた3年生は、笑顔でフィニッシュ。「『やってやったぜ』という気持ち。みんなの思いを感じていた」と感情を爆発させた。

 芦ノ湖でトップ創価大との差は2分21秒。6区・花崎が区間賞の快走で1分8秒まで詰めたが、その後は一進一退となり、9区を終えた時には3分19秒まで広がっていた。大八木監督は、この絶望的とも言える大差をひっくり返せた要因を「コロナで大変な中、一所懸命練習してきた選手たちの諦めない気持ちがつながった」とみる。

 今大会、駒大からは「若いチーム」という言葉が何度も聞かれた。全10区間のうち3人が1年生と、下級生に力のある選手が多く、指揮官も数年後の王座奪還を見据えていた。

 そんなチームを最上級生がうまくまとめた。駒大は大学3大駅伝で最多の優勝回数を誇る伝統校だ。規律は厳しく、1年生には雑務があり、風呂や洗濯機の使用時間も決まっていた。しかし、彼らが伸び伸び活動できるよう、今季からそれらを撤廃した。

 部内には異論もあったというが、神戸主将は「勝つために1年生の力が必要だった。1年生もそれに甘えず他の仕事を一生懸命やってくれて、チームが良い雰囲気になった」と語る。

 優勝メンバーのうち9人が来季も残る。藤色の新たな伝統が始まる気配は十分だ。「3年生以下の勢いでここまで来た。来年以降も狙えるので頑張ってもらいたい」。そう語る主将の表情は実に晴れやかだった。(宝田将志)