嵐、ラストの無観客ライブ「いつかこの夢の続きを」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

嵐、ラストの無観客ライブ「いつかこの夢の続きを」

 12月31日でグループとしての活動休止を発表していたアイドルグループ「嵐」の無観客ライブ「This is 嵐 LIVE 2020・12・31」が31日午後8時から有料配信された。ライブはNHKの紅白歌合戦に出場するための中断を経て、同日午後11時過ぎに終了。21年間の活動にいったん、終止符が打たれた。

 ライブは東京ドーム(東京都文京区)から配信され、松本潤さん(37)は冒頭で「今日は最高の一日にしようぜ。21年の感謝を込めて、最高のショーを見せてやるよ!」と画面越しのファンに語り掛けた。

 ステージの一部には、ライブを楽しむファンの姿が映ったモニターがいくつも設置され、メンバーから「楽しめてますか?」と声をかけられると、大きくうなずいて答えるファンも。無観客ながらも、リアルタイムでファンの反応が見られる工夫に、相葉雅紀さん(38)は「つながってる感じがする」と喜んだ。

 5人は「One LOVE」「A・RA・SHI」「Happiness」など21年間を振り返る多くのヒット曲を歌い踊り、昔の写真がモニターに映し出されたり、会場の天井にはファンからのメッセージが映し出されたりした。

 最後にメンバーがファンに向けてあいさつ。桜井翔さん(38)は「21年でかなった夢は、5人で一緒にいられたということ。いつかまた、『ぼくたちが嵐です』と胸を張って言えるそのときまで」と語り掛けた。活動休止後は休養に入る大野智さん(40)は「明日から、自分の時間を大切に生きてみようと思っています。21年間たくさんお世話になりました。ありがとうございました。またね」と語った。

 二宮和也さん(37)は「先輩を追い越すなんてとんでもなく、追いつくことすらできなかった。後輩のみんな、これからはあなたたちの色であなたたちの輝きをあなたたちのファンに届けて」と事務所の先輩、後輩に向けてもメッセージを送った。

 相葉さんは「本当に心から嵐で良かったです。そしてあなたたちが嵐のファンで本当に良かった」と目を潤ませ、松本さんは涙をぬぐいながら「嵐は夢でした。かなわなかった夢もあるし、かなって想像していなかった景色もいっぱい見た。いつかこの夢の続きをできたらいいなと思っています」と締めくくった。

 ヒット曲「Love so sweet」を最後に、5人は肩を組んでステージを去った。