川崎が天皇杯初優勝、G大阪に1-0で今季2個目のタイトル

【第100回全日本サッカー選手権大会(天皇杯) 川崎対G大阪】前半、競り合う(左から)川崎・家長昭博、G大阪、藤春廣輝=国立競技場(撮影・蔵賢斗)
【第100回全日本サッカー選手権大会(天皇杯) 川崎対G大阪】前半、競り合う(左から)川崎・家長昭博、G大阪、藤春廣輝=国立競技場(撮影・蔵賢斗)

 サッカーの第100回天皇杯全日本選手権決勝が1日、東京・国立競技場で行われ、川崎がG大阪を1-0で下して初優勝を飾った。川崎は今季、J1に続いて2個目の主要タイトル獲得となった。

 試合を優位に試合を進めていた川崎は後半10分、レアンドロダミアンからのパスを受けた三笘がペナルティーエリア内へ持ち込み、右足でゴールを流し込んで決勝点を奪った。

 決勝を最後に現役を退く川崎の元日本代表MF中村に出場機会はなかったが、笑顔で仲間と勝利の喜びを分かち合い、18年間のプロ生活を有終の美で飾った。