現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

年頭にあたり 「恥ずかしくない国」への覚悟を 杏林大学名誉教授・田久保忠衛

記者会見するバイデン次期米大統領=12月4日、米東部デラウェア州ウィルミントン(AP)
記者会見するバイデン次期米大統領=12月4日、米東部デラウェア州ウィルミントン(AP)

揉(も)めに揉めた大統領選挙の揚げ句、米国にバイデン次期政権が誕生する。諸政策の発表はこれからだし、主要閣僚人事などは指名だけで上院の承認も済んでいない段階で論評するのは時期尚早であるとは分かっている。が、この国の一挙手一投足が日本に直接、間接の影響力を及ぼすことを考えると、米政権の今後に一抹の不安を感じないわけにはいかない。

≪米国次期政権への不安≫

一つは、国論の二分だ。7400万票という巨大な票数がトランプ大統領に投じられたという事実は、新政権がかなりの精力と時間を国内の「統一」「協力」に充当しなければならない難局に直面していることを物語っている。

ランキング

  1. 【古典個展】犯罪人まで動員する露軍 大阪大名誉教授 加地伸行

  2. 【産経抄】12月4日

  3. 【新聞に喝!】空疎な理想論で誤魔化す朝日 イスラム思想研究者・麗澤大客員教授 飯山陽

  4. 【竹島を考える】「尖閣有事」ならぬ「国会有事」 憂うべき日本の状況

  5. 【主張】香港司法への介入 普遍的価値否定の象徴だ

  6. 【主張】かかりつけ医 制度設計の後退許されぬ

  7. 【大阪「正論」懇話会】「安保戦略と防衛費、国守る意思示せ」 小野寺五典元防衛相

  8. 【台湾有情】民衆魅了した「オレンジの悪魔」

  9. 【話の肖像画】作詞家・松本隆<2> 父が買ってくれた「デンチク」が原点

  10. 【産経抄】12月3日

会員限定記事