酒気帯び運転容疑で市職員を逮捕、追突事故で発覚 群馬・桐生

前橋市大手町の群馬県警本部
前橋市大手町の群馬県警本部

 群馬県警桐生署は31日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、桐生市職員、海野好美容疑者(55)=桐生市相生町=を逮捕した。

 逮捕容疑は31日午前0時40分ごろ、桐生市本町の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。

 同署によると、海野容疑者が帰宅途中、前を走る車に追突する事故を起こした。駆け付けた署員が酒のにおいに気づき、呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。