インドでもコロナ変異種 6件確認、警戒強める

 インド政府は29日、英国などで広がる新型コロナウイルス変異種の感染例が6件確認されたと発表した。いずれも英国から入国した人で、インドでの確認は初めてとみられる。同国の新型コロナ感染者は1022万人超と米国に次ぐ世界2位。政府は警戒を強めている。

 政府によると、11月25日から今月23日までに約3万3千人が英国から入国。うち114人がPCR検査で陽性と判明し、詳細な解析で6人が変異種と確認された。いずれも医療施設の個室で隔離されており、当局が接触者を追跡調査している。

 インド政府は、変異種の感染が急増している英国との航空便を一時停止し、乗り継ぎ便などで英国から到着する乗客にPCR検査を実施していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細