加重収賄罪で町理事を起訴 京都地検

 京都府宇治田原町の建設工事の一般競争入札を巡り、設計金額を業者に漏らし現金を受け取ったとして、京都地検は28日、加重収賄罪で同町理事の光嶋隆容疑者(58)を起訴した。宇治田原町は同日、光嶋被告を懲戒免職処分にした。

 起訴状によると、2017年5月に実施した保育施設建設工事の一般競争入札で、設計金額を業者に教えた見返りに現金20万円を受け取ったとしている。