16歳高校生を少年院送致 青森、父親刺殺事件

 青森県つがる市の自宅で父親=当時(49)=を刺殺したとして殺人容疑で家裁送致された高校生の息子(16)に対し、青森家裁弘前支部は25日、少年院送致とする保護処分を決定した。

 伊東智和裁判官は決定理由で「一方的かつ残忍で凶悪」と指摘。一方で「非行に及んだ動機や経緯などを総合的に判断し、矯正教育を受けさせるのが相当だ」とした。

 決定によると9月14日、父親の首を包丁で数回突き刺して殺害した。青森県警に逮捕され、青森地検弘前支部が12月4日、家裁支部に送致した。