落書き疑いの男性不起訴 水戸地検

茨城県警=水戸市(永井大輔撮影)
茨城県警=水戸市(永井大輔撮影)

 水戸地検は25日までに、茨城県警本部庁舎に落書きをしたとして逮捕された群馬県の男性(57)を不起訴処分にしたと発表した。24日付。理由を明らかにしていない。

 茨城県警は、男性が10月19日に県警本部庁舎の外壁などにフェルトペンのようなもので落書きをした疑いがあるとして、建造物損壊と器物損壊の容疑で逮捕していた。