加藤官房長官「虚偽答弁の固定した定義は国会の中にない」

今年最後の定例記者会見に臨む加藤勝信官房長官=25日午前、首相官邸(春名中撮影)
今年最後の定例記者会見に臨む加藤勝信官房長官=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は25日の記者会見で、国会答弁における「虚偽」の定義に関し、「何をもって虚偽答弁というかは、必ずしも固定した定義が国会の中であるとは承知していない。使われる文脈によって判断されている」と述べた。加藤氏は例示として広辞苑を引きながら、「『真実でないこと、また真実のように見せかけること、嘘、偽り、空言』といった言葉が並んでいる」と紹介した。

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前夜に主催した夕食会の費用を補填した問題をめぐり、立憲民主党などは安倍氏の過去の国会答弁について「虚偽答弁」などと主張し、政府・与党を追及している。