10月10、11日を「デジタルの日」に 政権の改革推進

平井卓也デジタル改革担当相=25日午前、首相官邸(春名中撮影)
平井卓也デジタル改革担当相=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

 政府は25日、菅義偉政権が掲げるデジタル改革を進めるため、「社会全体でデジタルを思い出す、感じる機会」として、毎年10月10、11日を「デジタルの日」とすることを発表した。記念日として毎年、各種イベントなどを通じて啓発活動を行う。

 25日には「デジタルの日」創設記念イベントが開催され、オンライン上で公開された。出席した平井卓也デジタル改革担当相は「デジタルテクノロジーが人を幸せにする。デジタルは楽しい。デジタルは日本の成長につながる」とあいさつした。

 イベントでは各界の著名人から寄せられたデジタル改革に期待するコメントを紹介。孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長は「より楽しく豊かで、便利でストレスのない社会になることを期待する」とし、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんは「世界ともっと楽しくつながる日本をつくってください」と述べた。

 政府は行政や民間のデジタル化を進めるため、来年9月のデジタル庁設置を目指している。

会員限定記事会員サービス詳細