安倍前首相国会説明

共産・宮本氏「どうみても利益供与」

議院運営委員会に臨む安倍晋三前首相=25日午後、国会・衆院第1委員室(酒巻俊介撮影)
議院運営委員会に臨む安倍晋三前首相=25日午後、国会・衆院第1委員室(酒巻俊介撮影)

 共産党の宮本徹衆院議員は25日、安倍晋三前首相が出席した衆院議院運営委員会で、安倍氏の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用を補填(ほてん)した問題をめぐり「どうみても利益供与だ」と批判した。

 宮本氏は、政治資金収支報告書に夕食会の費用が記載されていなかったことに関し「問題がなければ記載していたはずだ」と述べ、安倍氏側が意図的に補填を隠して「利益供与」を行っていたのではないかと追及した。

 安倍氏は不記載について重ねて謝罪する一方、有権者の支持を得るための利益供与との指摘には、自身が不起訴処分だったことを踏まえ「検察が厳しい捜査をした結果、問題ないと判断した」と説明。自身が衆院選で圧勝を続けていることを挙げ、利益供与は「つゆほども考えていない」と強調した。

 これに対し、宮本氏は安倍内閣の複数の閣僚が利益供与の疑いで辞任した例を挙げながら「不起訴=シロではない」と主張し、納得しないようすだった。