初V狙う影浦が意気込み 柔道無差別 五輪代表の向も活躍期す - 産経ニュース

メインコンテンツ

初V狙う影浦が意気込み 柔道無差別 五輪代表の向も活躍期す

オンライン取材に応じる柔道男子の影浦心=25日
オンライン取材に応じる柔道男子の影浦心=25日

 体重無差別で争う柔道の全日本選手権(26日、講道館)に出場する有力選手が25日、オンラインで記者会見し、初の頂点を狙う影浦心(日本中央競馬会)は「柔道家にとって本当に憧れの舞台。優勝して一番強い男になりたい」と意気込んだ。

 25歳の影浦は2月に男子100キロ超級で五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)の連勝を154で止め、注目を浴びた。前回覇者のウルフ・アロン(了徳寺大職)や東京五輪同級代表の原沢久喜(百五銀行)が不在だけに「優勝は使命」と気合を入れた。

 東京五輪男子90キロ級代表の向翔一郎(ALSOK)は伝統の大会に初挑戦。「どんなにきつくても諦めない。盛り上げたい」と活躍を期した。

 大会は新型コロナウイルスの影響で例年の4月29日から延期され、無観客で実施。出場選手は大会前のPCR検査が義務付けられた。