《独自》茂木氏、来年2月にも訪米の意向 次期国務長官と会談へ

インタビューに答える茂木敏充外相=24日、東京・霞が関の外務省(酒巻俊介撮影)
インタビューに答える茂木敏充外相=24日、東京・霞が関の外務省(酒巻俊介撮影)

 茂木敏充外相は24日、産経新聞のインタビューに応じ、早ければ来年2月にも訪米し、次期国務長官に指名されたブリンケン元国務副長官と会談する意向を示した。菅義偉(すが・よしひで)首相の初訪米に先駆けて外相同士で協議し、日米首脳会談の成果につなげる考えだ。

 茂木氏は「日程調整はこれから」としつつ、首相の訪米についてバイデン政権が発足する来年1月20日から「1~2カ月」後をめどに調整する考えを示した。その上で「トランプ政権はトップダウンで物事を決めたが、バイデン政権は積み上げていくアプローチをとる可能性が高い。外相会談で粗ごなしをして成果のある首脳会談につなげるのも一つの考え方だ」と述べた。

 中国公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での活動については「日本の領海や接続水域に入ってきて日本の漁船を追尾している。こういった行動は許されない。なくしてもらう」と非難。11月の日中外相会談で、王毅国務委員兼外相に日本側の立場を明確に伝えたと明かした。

 来年の自民党総裁選への対応については「新型コロナウイルスを乗り越えることに集中すべき時期だ」と述べるにとどめた。

 茂木氏のインタビューの一問一答は次の通り。

 --来年1月に新たな米政権が誕生する

 「バイデン新政権になっても良好な日米関係、強固な日米同盟は変わらない。バイデン氏は米副大統領や上院の外交委員長を経験し、日米関係の強化に深く関わっている。日米同盟の重要性をよく理解していて頼もしく思う。日米関係は地域や国際社会の平和、繁栄のために極めて重要な土台だ。協力を深めていきたい」

 --菅首相は来年2月の訪米に意欲を示している。茂木氏がそれに先駆けて訪米し、新たな日米関係に布石を打つ考えは

 「米新政権が発足していないので日程調整はこれからだ。菅首相とバイデン氏の電話会談では、できるだけ早い時期に会うことで一致している。(来年1月20日に)新政権が発足してから1~2カ月くらいかなと思っているが、しかるべきタイミングで調整したい」