千葉の鳥インフル 116万羽殺処分、陸自が災害派遣 - 産経ニュース

メインコンテンツ

千葉の鳥インフル 116万羽殺処分、陸自が災害派遣

高病原性鳥インフルエンザが確認され、鶏の殺処分に向かう千葉県の職員ら=24日、同県いすみ市(県提供)
高病原性鳥インフルエンザが確認され、鶏の殺処分に向かう千葉県の職員ら=24日、同県いすみ市(県提供)

 千葉県いすみ市にある同県内最大規模の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受け、県は24日、対応に追われた。他の養鶏場にも感染が拡大すれば地域経済に大きな打撃となることから、森田健作知事は迅速な対応を指示。国や市とも連携し、正月返上で新たなウイルスとの戦いが始まった。(小野晋史)

 県によると、殺処分の対象となる鶏は、1つの養鶏場としては国内で最多となる約116万羽。殺処分は24時間体制で年末年始も続けられ、来年1月7日までに終えるという。

 24日夕方までに殺処分できた鶏は全体の0・1%程度の1110羽にとどまるが、県の担当者は「これからペースを上げる」と強調。殺処分した鶏の死骸を焼却する作業は、早ければ25日に始まり、埋設処分に向けた準備も進む。

 対象となる鶏の数が多いため、一連の作業を県職員だけで行うと人手が足りず、県は24日、自衛隊に災害派遣を要請。陸上自衛隊習志野駐屯地(千葉県船橋市)の第1空挺団などから隊員450人が応援に入った。

 一方、今回の養鶏場以外では、半径3キロ圏内に2カ所の養鶏場があり、合わせて約127万6000羽を飼育。県は24日に立ち入り検査を行い、鶏にPCR検査を行い感染の有無を調べている。同3~10キロ圏内にある養鶏場8カ所の計約3万7000羽については、24日時点で異常がないことを電話で確認した。

 県は今後、事態が落ち着くまで毎日午前と午後の2回、状況を公表するとしている。