現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

コロナ禍のトラウマどう癒やすか 公益財団法人オイスカ会長・渡辺利夫

東京・新宿の歌舞伎町を行き交うマスク姿の人たち=22日夜
東京・新宿の歌舞伎町を行き交うマスク姿の人たち=22日夜

厚生労働省による新型コロナウイルス感染症の国内発生動向をみている。第3波襲来が大々的に報道される一方、PCR検査による陽性者のうち死亡した者の比率(致命率)は緊急事態宣言が解除されたころに比べても下降を続け随分低いところに止まっている。

なぜなのか、私が知る由もないが、いずれは収束期を迎えるがゆえにこれを感染症というのであろう。イギリスやアメリカなどでワクチン接種が始まったとも報道されている。接種により致命率はさらに減少していくにちがいない。武漢に発し1年間にわたり地球を一周して無数の人々を脅かしつづけたこの感染症もやがて収まっていくのであろう。

≪日常生活再起動するか≫

ランキング

  1. 【宮家邦彦のWorld Watch】因果応報のバイデン政権

  2. 【産経抄】6月30日

  3. 【正論】「第2の開国」に向け制度設計を 日本財団会長・笹川陽平

  4. 【主張】参院選と年金 不安解消の具体的道筋を

  5. 【主張】G7サミット閉幕 対露圧力を世界に広げよ

  6. 【浪速風】やっぱり常態化した中露軍艦の「津軽」通過

  7. 【浪速風】フェルメールの絵で謎解きを

  8. 【石平のChina Watch】中国軍の実態暴く司令官寄稿

  9. 【直球&曲球】葛城奈海 お米の力で日本を強くする

  10. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

会員限定記事