首相、次世代通信システム開発を視察「世界をリードしていける」 - 産経ニュース

速報

速報

13歳西矢椛が最年少「金」 中山楓奈が「銅」 スケボ女子ストリート

メインコンテンツ

首相、次世代通信システム開発を視察「世界をリードしていける」

国立研究開発法人情報通信研究機構を視察し、多言語翻訳技術を体験する菅義偉首相(左)と武田良太総務相=23日午後4時5分、東京都小金井市(代表撮影)
国立研究開発法人情報通信研究機構を視察し、多言語翻訳技術を体験する菅義偉首相(左)と武田良太総務相=23日午後4時5分、東京都小金井市(代表撮影)

 菅義偉首相は23日、東京都小金井市の国立研究開発法人「情報通信研究機構(NICT)」を訪問し、次世代通信システムなどの開発現場を視察した。首相は視察後、記者団の取材に「NICTや民間が総力を結集して研究開発を進め、次世代のデジタル化にしっかり対応し、世界をリードしていける。そうした実感を得ることができた」と述べた。

 視察したのは、第5世代(5G)移動通信システムの次の世代である「6G」や「多言語翻訳技術」「サイバーセキュリティー技術」などの研究開発。担当者から説明を受けた首相は「すごいですね」などと声をかけながら耳を傾けた。

 首相は「わが国の成長にとって不可欠な重要な技術の研究開発を加速し、海外展開をしっかりできるように対応していきたい」と語った。