除雪車両カードがひそかな人気 PAなどで配布 立ち往生の検証も

除雪車両カードがひそかな人気 PAなどで配布 立ち往生の検証も
除雪車両カードがひそかな人気 PAなどで配布 立ち往生の検証も
その他の写真を見る (1/3枚)

新潟県を襲った記録的な大雪により除雪の重要性が再認識される中、関越自動車道の車両立ち往生区間を管轄する東日本高速道路新潟支社が配布している「除雪車両カード」が、ひそかな人気になっている。新潟県を拠点に活動するアイドルユニット「Negicco(ねぎっこ)」がPRしていることもあって、SNS(会員制交流サイト)上で話題になっている。同支社は「カードを通じて高速道路のことを知ってもらえれば」と話している。(本田賢一)

SNSで話題

同支社では高速道路への理解を深めてもらうため、2年前から名刺大の写真入りカードを管内のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)で配布している。平成30年度と令和元年度は、高架橋をプリントしたものをそれぞれ5400枚、5900枚配った。今年度は「新潟らしさを出して、楽しく高速道路を知ってもらいたい」(同支社総合企画部)と、新潟エリアで活躍する除雪車両をカードにした。

11月27日から配布を始めたところSNSで話題になり、「これほしい」といった書き込みも。PRにNegiccoを採用したことで、「若い人の関心も高い」(同部)という。

子供たちに人気の働く車ということもあり、今年度は配布枚数を約3倍に増量。4種類で計1万6千枚配布予定だ。

収集難易度高め

除雪車両カードは、北陸、関越、上信越各自動車道の特定のSAやPAのショッピングコーナーで買い物をすると、購入金額にかかわらずもらえる。第1弾は間もなく終了だが、配布期間・場所は次の通りだ。