東京五輪の開閉会式 予算上限165億円に引き上げ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、東京都内で理事会を開き、開閉会式の予算上限を現在の130億円から165億円に引き上げることを承認した。同日公表した予算計画第5版にも反映されている。

 新型コロナウイルスの影響で大会が延期され、コロナ禍をふまえた演出の見直しが必要となった。組織委は開閉会式も大会簡素化の対象とし削減努力を続けているが、追加でかかる人件費や調達済み構造物の保管料などがかさみ、増額が必要と判断した。

 開閉会式の予算増額は2度目。招致時点では91億円を見込んだが、演出内容の具体化に伴い昨年2月に130億円まで引き上げていた。組織委によると、2012年ロンドン大会は160億円だった。