現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月21日

 男女問わず格闘技ファンは意外に多い。勝つか負けるか、自分の日常と違う一瞬に畏敬を抱き歓声を送る。そうした苛酷(かこく)な世界の舞台裏を取材してきた先輩、同僚の本が相次いで刊行されたので一気に読んだ。

 ▼一冊はボクシング界を舞台にした『熾火(おきび)』(別府育郎著、ベースボール・マガジン社)だ。1960(昭和35)年のローマ五輪でフライ級の銅メダルを獲得した田辺清さんと、名トレーナーのエディ・タウンゼントさんの絆など、ボクシングの素人も引き込まれる。

 ▼青森出身の田辺さんは大学2年のときローマ五輪に出場。プロに転向し、ノンタイトル戦で当時の世界王者を破った。しかし、同王者とのタイトル戦を前に網膜剥離(はくり)を発症し、引退を余儀なくされた。

ランキング

  1. 【産経抄】5月23日

  2. 【主張】侵略国ロシア 「北方の脅威」にも備えよ

  3. 【正論】新・経済枠組みが問う日本の手腕 明星大学教授・細川昌彦

  4. 【主張】クリーンエネ戦略 原発新増設から逃げるな

  5. 【正論】『終わった人』をいかに減らすか 高齢者が働きやすい環境づくりを 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦

  6. 【マーライオンの目】マスクなし外出の違和感

  7. 【iRONNA発】元少年Aの「性的サディズム」は本当に解消されたのか 立正大学文学部教授・小宮信夫

  8. 【産経抄】5月22日

  9. 【正論】時代遅れのGDPにこだわるな 目先の数値に踊らされるのは愚の骨頂だ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦

  10. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

会員限定記事